猫 初心者 飼い方

お口の中のケアに便利な商品5選!

 

私たちは普段、朝晩と歯磨きをすることが多いですよね。時間があるときに食後に磨かれることもあるかと思います。

 

歯磨きをしなかったら、お口の中がねばねばしたり、歯がざらざらしてしまいますよね。これは、お口の中で細菌が増えて、バイオフィルム(キッチンのシンクなどのぬめりと同じものです)を形成したり、歯の表面が溶けてむし歯になりかけていると言えます。

 

猫ちゃんのお口の中は、人と比べるとむし歯になりにくい環境となっています。なので、しっかりケアしてあげることで、お口のトラブルを予防できるのです!

 

しかし、お口の中は敏感なため、幼少期より慣れていないと歯磨きがストレスとなってしまいます…。そんなときに使える口腔ケア用品を厳選してみました!

 

1.歯磨きシート

一番身近な口腔ケア用品として挙げられるのが、歯磨きシートです。シートの固さによって年齢別に対象が分けられていたり、口臭予防の為に消臭効果のある成分が含まれているものもあります。
使い方としては、指に巻き付けて歯を拭くといったイメージです。初めて使う場合は、最初にお口の中を触るのではなく、顔を撫でてあげることから始めてみてください。

 

2.歯ブラシ

最近は、猫ちゃんわんちゃん用の色々なタイプの歯ブラシが売られています。私のオススメとしては、「毛先が硬すぎず、ヘッドが小さい歯ブラシ」です。

 

私たちも歯磨きをするのきに気づくと思いますが、奥歯を磨くときは小さい歯ブラシの方が奥まで届きます。お口に入れられるものですから、あまり大きいものだと猫ちゃんのストレスになってしまいます。

 

また、硬すぎる毛先は歯茎を痛める原因となってしまうので、毛先の軟らかさも見極めることをオススメします。

 

3.歯磨きジェル

まだ歯石がついていない場合、歯磨きジェルを使うことで歯石の沈着が予防できます。同時に、消臭作用もあるジェルが多いです。

 

また、歯茎の炎症を抑える働きもあるので、予防の意味でも使われることをオススメします。

 

4.きえーる オールペット用

乳酸菌や酵母菌などから抽出した、有用微生物群を培養したものになります。消臭効果が高いので、元々は糞尿の消臭液として販売されています。(経口摂取も可能であると表記されています)

 

歯肉炎がある猫ちゃんやわんちゃんに使ったところ、改善がみられたとの口コミを見つけました。歯肉炎も細菌の内毒素によるものなので、細菌叢を変えることで改善するというのも頷けます。

 

我が家の猫ちゃんも、歯肉炎の時にお世話になりました。笑

 

なので、歯磨きと併用してきえーるをあげてみるのも、予防として良いことだと思います。

 

5.サプリメント

きえーる同様、乳酸菌などを含んだサプリメントによって、お口の中の細菌を管理することができます。

 

他にも、オメガ脂肪酸などの全身の健康管理に役立つ成分も含まれているものも多いので、口腔ケア以外にも多くの人に利用されています。

 

必要な栄養素はそれぞれ異なり、猫ちゃんの環境にも関係するので、心配な場合は獣医さんに相談してみるといいかもしれません。

 

人間でも8020運動といったように、歯を残すことで健康寿命を延ばせるといった結果が出ています。お口の中をしっかりケアして、健康な毎日を送りましょう!